太陽光発電

Pocket

A.はじめに

東日本大震災の原発事故以降、「脱原発」というスタンスがにわかにクローズアップされています。そこで注目されている発電方法のひとつに「太陽光発電」というシステムがあります。家庭レベルでも発電でき、なおかつ自然に優しいものとして今では多くの人に認知されてる発電方法とも言えます。

しかし、発電方法やメリット・デメリットなどはまだまだ知られていない部分も多いです。

そこでここでは「太陽光発電」について見てみたいと思います。

B.太陽光発電のメカニズム

太陽光発電は分かりやすく言えばシリコン材でできた黒い太陽電池というものに太陽光を受けると発電して、様々な装置を経て電気として使えるというものです。発電にあたり、例えば火力発電のように燃料費などは発生しません。太陽光発電は太陽電池のパネルを設置すれば、ランニングコストがかからず発電できるのです。

また太陽光発電で発電された電気は直流なので、そのまま使う事ができません。通常はインバータという「交流」に電気を換える装置を経て家庭や企業などで使えるようにします。

また蓄電池を使えば、昼間太陽が出ている期間に発電した電気を貯めて、夜間などに使う事も出来ます。

C.太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電には様々なメリット・デメリットがあります。以下見てみたいと思います。

C-1.発電できる時間

太陽光発電は当然のように太陽が出ている時間にしか発電が出来ません。晴れている期間が長い地域、例えば砂漠等が多い地域では魅力的ですが、日本のように晴天と雨天がある地域では効率的な発電ができないというのは不可避的な要素です。もちろん、夜間も発電できません。

C-2.コスト

太陽光発電が開発された当初はコストパフォーマンスが良くない発電方法として、さほど普及しませんでした。しかし、近年の技術の発達により太陽電池の生産が低コスト化されつつあり、採算面での心配はさほど必要なくなってきました。もちろん、太陽光パネルを設置する初期費用は必要ですが、その後の維持費などはあまり必要がないケースが多いです。家庭用太陽光発電装置でも、10年経てば元は採れると言われています。また、近年の太陽光電池は経年劣化による出力低下の心配もさほどなくなりました。20-30年は正常に稼動に稼動できるものと言われています。

C-3.補助金

現在国としても太陽光発電にも力を入れており、太陽光発電のような再生可能エネルギーの装置を各家庭に設置するとその設置する費用を助成する自治体もあります。太陽光発電は家の屋根の部分など設置場所をあまり選ばないので、通常の家でしたら是非とも設置を検討したいものといえます。

このようにまさに21世紀の発電方法としてその役割が期待されている「太陽光発電」。是非今後に注目です。

新電力をお探しなら新電力.com