スマートハウスとは

Pocket

スマートハウスとは

電力完全自由化で一般家庭もどこから電気を購入するかが自由に選択することができるようになります。
そのような中で、効率よく、電気を消費することは大きな関心のひとつです。
どのような家で生活するかということも電気の消費の仕方を選択する大きなポイントです。

スマートハウスとはITを使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅を指します。
具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーを調整することでCO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことをいいます。
ハウスメーカーはCO2排出をマイナスとするライフサイクルカーボンマイナス住宅(LCCM住宅)の実現に向けてスマートハウスの開発に注力しています。
LCCM住宅とは、住宅分野でまず省エネルギー化の推進による二酸化炭素排出抑制を図り、建築物の省エネルギーを進めることを背景に、建設時、居住時、廃棄時においてできるだけの省CO2に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、建設時のCO2排出量も含め生涯でのCO2収支をマイナスにする住宅として提案されたものです。
太陽光発電や燃料電池などで発電したエネルギーと電気自動車(EV)などへ充電するエネルギーなど、住宅内のエネルギーを効率的に使っていくためにもスマートハウスはますます必要となってくる動きがあります。

スマートハウスの基本的な考え方は

電気やガスの利用する量を管理し、利用状況を逐一、住まい手が分かるようにし、その利用状況を映し出しているモニターを見ながら、電機やガスを使用している電気機器やガス機器の制御を行なうという考え方です。

スマートハウスの技術として中心になるのは、住宅内のエネルギー機器や家電などをネットワーク化し、エネルギー使用を管理・最適化するホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)です。
HEMSの開発ではハウスメーカーと電気メーカーの連携がみられます。
もう少し具体的にいうと、HEMSとは家庭で使うエネルギーを節約するための管理システムです。
家電や電気設備とつないで電気やガスなどの使用量をモニター画面などで「見える化」したり、家電機器を「自動制御」したりします。
政府は2030年までに全ての住まいにHEMSを設置することを目指しています。

もうひとつ大切なのは住宅用蓄電池です。
太陽光発電や燃料電池などで発電した電力や料金の安い夜間電力を住宅用蓄電池に蓄えれば、必要なときに使用することができます。
大手ハウスメーカーからは蓄電池付き住宅の販売も本格化しています。
またEVやPHVに搭載された電池を住宅用蓄電池として活用するための実験も始まっています。

昼間に太陽光からつくった電力を蓄電池に蓄えておき、夜間などに使用したり、省エネ性能に優れた家電をネットワークでつなぎ、自動コントロールによって消費電力を制御し、自ら電力をつくり効率よく生活に使用することで100%の電力自給自足を目指すのがスマートハウスです。

スマートハウスを取り巻く、スマートシティやスマートグリッド

スマートハウスはITを駆使して電力を最適化するスマートグリッド(次世代送電網)を基盤にエネルギー効率の高い都市づくりをめざす「スマートシティ」の最小単位としても注目されています。

富士経済の調査によると2020年のスマートハウスの関連製品・システムの世界市場は09年比の11倍の18兆5,293億円になると予測しています。

スマートハウスで未来はこうなる

住宅内のエネルギー使用状況を常に把握してくれるのがスマートハウスです。
電力を無駄に使ってしまっているときには教えてくれたり、スマートフォンなどで電力の使用状況をチェックして外部からコントロールすることも可能になります。
エネルギーを賢く利用するスマートハウスでは次世代テクノロジーを搭載した家電が大活躍することになります。

テクノロジーが電力を制御し、環境に優しい家をつくりだしてくれるのは夢のようです。
再生可能エネルギーも身近になり、CO2排出をしない生活が、街単位で、また各家庭単位でできるようになるのです。
スマートハウスは新しい暮らしの形を提案してくれています。
どんな形で、電力を選ぶのか、家電を選ぶのか、電力を制御するのか、選択肢が広がります。
電力完全自由化で、その選択肢はますます広くなるでしょう。
便利になり環境に貢献する社会と生活が身近になることが楽しみですね。

新電力をお探しなら新電力.com