力率割引

Pocket

 電力というのは電圧V×電流Aで表されます。ボルトとアンペアでVAです。
 これが交流の場合には、電流と電圧のタイミングがずれてしまうことがあります。タイミングが合っていれば、電圧×電流は常に正の値をとるのですが、交流ではプラスマイナスが半サイクルごとに交代しますから、タイミングがずれると、常に正ではなく時々マイナスになることもあるということになります。これは電力を消費するのでなく送電線に返すということになってしまうのです。

 したがって、電圧×電流を皮相電力(見かけの電力)と言い、実際の消費電力との比を力率(%)と呼んでいます。

 需要家は消費電力だけに見合う価格で購入すればよいのですが、実は電流のタイミングずれ(位相ずれ)のために、皮相電力の電流はほんの少し多いことになります。すると送電線でのロスが増えますので、力率は100%に近いほどいいのです。  

 電気をモーターなどの機器に使った場合、エネルギーの損失が生じて、実際に働いた電力(有効電力)は電圧と電流の積(皮相電力)より小さくなります。この比率のことを力率と言うのです。

 式にすると、こうなります。
力率(%)=実際に働いた電力(有効電力)/(電圧×電流(皮相電力)×100

 力率が悪くなったら、供給設備を寄り大きくする必要が生じます。そこで力率の改善をおすすめする意味で、低圧電力の場合、力率85%を基準として、それより力率の良いものは90%、悪いものは80%に設定して、それぞれ基本料金を5%割り引き、割り増しします。

 機器によっては供給された電力の一部が有効に使えないことがあります。例えば、10kwの電力のうち実際には9kwしか有効に使うことが出来なければ、力率は90%になります。1kwの電力は無駄になってしまい、その分は契約電力から除外されます。
 利用する側から見ると適正な契約電力になるのですが、電力会社にとっては貴重な電力がムダに浪費されてしまうことになります。そこで力率によって基本料金を割り引きもしくは割り増しして、利用者に機器の効率を高めてもらうようにする狙いがあります。

 電力付加は一般的には遅れ力率で、力率が悪いと同一の電力を使用する場合は電流が増大し、電力損失の増加、電圧効果の増大、設備利用率の低下、などなど、いろいろの弊害が生じ、電気料金も高くなってしまいます。
 力率を改善する方策としては、通常は進相コンデンサを接続して、遅れの無効電力を打ち消す方法が一般的です。

新電力をお探しなら新電力.com