PPS

Pocket

PPSとは、Power Produce & Supplierの略で、電力の新規参入者(特定規模電気事業者)のことです。
新電力協会では、大手企業から中小企業、ビル管理会社、マンション、テナント、スーパー、工場など、現状の電気料金で悩んでいる企業全てに電気コストの安い新規電力会社に支払先を変更するだけで、コスト削減ができます。

電力の自由化は2000年4月から進められている電力事業分野の制度改革です。
電気の供給は今まで、地域ごとに国から許可された電力会社のみが行ってきました。
しかし制度改革により新たに電気事業に参入した事業者や、他区域の電力会社から電気を購入することができるようになりました。

新電力(PPS)とは、既存の大手電力会社である一般電気事業者(主に東京電力)とは別の特定規模電気事業者のことで、契約電力が50KW以上の需要家に対して、一般電気事業者が有する電線路を通じて、電力供給を行う事業者のことをいいます。

契約電力が50KW以上なら、既存の東京電力や関西電力など以外の新しい電力発電会社と、電力契約を自由に取り交わすことができるわけです。
現在、日本の電力は使用する電力契約の大きさによっては自由化されているということです。
一般家庭のような小規模の電力契約ではまだですが、2000年の改正電気事業法施工による電力自由化から段階を経て、2005年4月以降は、高圧50KW以上の契約なら、新電力会社であるPPSと契約できるということになっています。
一般家庭でも、マンション1棟などの契約の場合は、契約電力により、現在でも新電力と契約できる場合があります。 また、2016年4月に一般家庭への電力自由化をめざす電力システム改革が現在進められています。
3・11の大震災以降、電力が不足してこの特定規模電気事業者である新電力会社がクローズアップされてきました。 また、東京電力などの一般電気事業者の自由化部門の電力料金の値上げに伴い、この機会に新電力会社と契約を検討されている方も多いかも知れません。
2015年4月現在、届出がある新電力会社は654社あります。

従来、電力の小売事業は、電気事業法による参入の規制により、地域の電力会社が地域を独占することが認められてきましたが、規制緩和によって、平成12年度から電力小売事業への新規参入が順次認められるようになりました。
これを受けて、全国各地で一般電気事業者の供給区域に新規参入した電力小売事業者が新電力と言われるものです。

新電力をお探しなら新電力.com