風力発電

Pocket

1.「風力発電」とは何か
 まずは「風力発電」とは何かについてご解説します。
 「風力発電」とは、風の力で風車を回し、その回転運動を発電機に伝えて電気を起こすことです。風力発電は、風力エネルギーの約40%を電気エネルギーに変えられます。

2.「風力発電」の仕組み
 1.では「風力発電」とは何かについてご解説しました。続けて、「風力発電」の仕組みを更に詳しくご解説します。

 「風力エネルギー」は風を受ける面積と空気の密度と風速の3乗に比例します。したがって、風を受ける面積や空気の密度が一定ですと、風速が2倍になれば風力エネルギーは8倍になります。
 このため、上の図の風車は、風が吹いてくる方向に向きを変え、常に風の力を最大限に受け取れるように設計されています。また、台風などのため風が強すぎる時は、風車が壊れないように可変ピッチが作動します。

3.風力発電のメリット
 2.では「風力発電」の仕組みをご解説しました。しかしそれでは「風力発電」にはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下のような点をご紹介することができます。
 ・無尽蔵で純国産です。
 ・安定した風力の得られる海岸線の長い日本に向いています。
 ・再生可能でクリーンです。
 ・エネルギーの約40%を電気エネルギーに変えることのできる、効率のよいものです。

4.「風力発電」のデメリット
 3.では「風力発電」のメリットをご紹介しました。しかし{風力発電」には次のようなデメリットもあります。
 ・風まかせであるのでエネルギー密度が低く、電力の出力調整が難しいのです。
 ・化石燃料つまり石油・石炭と比べてコスト競争力にも欠けます。
 ・鳥類が風車にぶつかる危険性がある上、洋上風力の場合には海洋生物への影響も考慮する必要があります。
 ・騒音の問題もあります。
 ・2013年には、大型風車の落下事故が京都府と三重県で相次いで発生しましたので、安全性にも懸念がもたれています。

5.日本における「風力発電」の導入実績
 4.では「風力発電」のデメリットをご紹介しました。しかしそれでは、日本における「風力発電」の導入実績はどのぐらいなのでしょうか?
 この点について、日本の風力発電設備の導入量は、2013年度末の数値で総設備容量が約271万kw、総設置基数が1,934基です。
 この数字だけを見ると「多い」という感じもするのですが、世界全体の中では微々たるものであることを認めなければなりません。なぜなら、世界風力会議(Global Wind Energy Council : GWEC)が2014年に発行したGLOBAL WIND REPORT-ANNUAL MARKET UPDATE 2013-によりますと、世界の風力発電送設備容量(年間)は、前年の283,194MWから318,105MWに達したからです。 このように、日本が風力発電の普及という点において世界水準に遠く及ばないのは、4.でご紹介したデメリットが日本ではより重視されるからかもしれません。しかし、これらのデメリットの全てが克服不可能ではないので、日本でも普及が進むことが期待されます。

新電力をお探しなら新電力.com