ピークシフト

Pocket

ピークシフトの意味

電力のピークシフトとは、電力消費が最大(ピーク)になる時間帯をずらす(シフトさせる)ことです。

電力は、常に平準化して使われている訳ではありません。
例えば、仕事で使う電力は、やはり仕事中に多く消費されますし、冷暖房の電力は、特に暑い時や寒い時に、多く消費されます。

電力消費の最大値と最小値に差があると、電力供給量は最大値に合わせざるを得ません。
そうなると、発電所は大きな発電能力が必要です。しかし、電力消費量が少ない時には、その大きな発電能力が無駄になります。
全体として、発電所の運営にエネルギーがかかり、地球環境にも負担がかかります。

電力の安定的・効率的な供給のためには、一定の量を常に平準化して供給することが望ましいです。
最大値と最小値に差がある場合に比べて、総供給量が同じであれば、平準化していた方が発電能力は小さくて済みます。
その方が、発電所や供給経路の運営にエネルギーがかからず、環境にも優しいということになります。

ピークシフトへの取り組み

電力消費のピークは、社会全体としては昼間、特に冷房が使用される夏季は13:00~16:00となります。
従って、各家庭や事業所でも、この時間帯の電力使用量を少なくすることがテーマとなります。

取り組み方の一つは、その時間になるべく電気を使わないようにすることです。
例えば、掃除や洗濯など普段昼間に行う作業でも、13:00~16:00を避けて、午前中や夜早い時間に行うとよいでしょう。
また夏であれば、13:00~16:00は一番暑い時間帯ですが、扇風機などを併用して冷房の効きを弱くすることはできるでしょう。

取り組み方のもう一つは、昼に電気を使うものの、電力網からの供給電力は使わないというものです。電力需給に余裕のある夜に電力を貯め、昼にそれを放電するという蓄電システムがその典型例です。

家庭や事業所の全体を対象とした大掛かりなものから、最近では、夜の間に充電を行い、昼は自動的にバッテリー駆動へと切り替えるパソコンも登場しており、 ピークシフトへの取り組みは個人レベルでも浸透しつつあります。

ピークシフトの料金プラン

ピークシフトに取り組むことは、電力の供給負荷を減らし、環境保全に寄与しますが、利用者にもっとメリットがないと、なかなか普及しません。

もっともメリットとなりうるのが、料金設定です。
昼と夜の電気料金が同じであれば、一日中、電力網からの供給電力を使えばいいということになるでしょう。
しかし、昼の料金を割高に、夜を割安にしたらどうでしょうか。
昼の電力使用は控え、夜に電力を有効活用しようというモチベーションが生まれるでしょう。

例えば東京電力では、東日本大震災の後に、このようなピークシフト料金メニューを導入しました。
これは、福島原発事故後の計画停電や節電命令などへの批判を受けて、東京電力が考案したものです。
節電が必要になったのは、電力供給が不安定になったからです。
特に、電力供給量の最大値が下がり、昼間に電力が足りなくなる恐れがあったので、ピークシフトを広める必要がありました。

市場メカニズムを活用した料金メニューを導入することは、消費者の選択肢を広げ、無理なく節電の効果を高めることになります。そして結果的に、環境への負荷も減らすことができます。
現在では、東京電力以外の複数の電力会社にピークシフト料金メニューが導入されており、全国的に普及しつつあります。

新電力をお探しなら新電力.com