新電力が安い理由

Pocket

「電力自由化」で、各法人が一般電気事業者(○○電力)から新電力へ切り替えている理由

それは「一般電気事業者よりも電力単価が安くなる」というメリットがあるからです。

でもそれはなぜでしょうか。

理由は大きく2つあります。

1.設備投資のコストが違う

一般電気事業者の場合・・・
安定して電力を供給しなければならないので莫大な設備投資・また管理費・修繕費
がかかり、それを電気料金で賄う必要がある。

新電力の場合・・・
別でメイン事業をもっていて、その利益の余剰分で発電設備を管理できる。等
電気料金だけで設備投資費用を賄う必要がない。

設備投資に対する費用にそもそも莫大な差があります。
その費用を電気料金からのみで賄うするのか。それともメイン事業と電気料金の2種から賄うのか。
この違いは「いくらの電気料金を請求すれば、設備投資費用を回収できるのか」
という点に直結しているようです。
これではおのずと、新電力の電力単価が低くなるのは当たり前ですよね。

2.電気料金の算出の際の検討材料が違う

一般電気事業者の場合・・・
安定供給の理念のもと、確実に需要家に電力を供給しなければならない。
従業員の給料も含めて「安定供給」をするためにかかるコストを電気料金に反映させる。

新電力の場合・・・
新電力による売上・利益の創出を行う。
最低限かかるコストを踏まえて電気料金に反映させる。

もちろん、新電力も需要家に対して「安定供給」をすることは当たり前ですが
一般電気事業者には仮に、
電力管内全ての需要家が電力を求めた場合でも、対応をしなければならず
万一問題が起きた場合には、それに対して「保障」をしなければなりません。

そのための設備管理費・人件費・広報費・保証金額は、
新電力が負担するものとは比べ物にならないのです。

このように、規模は違えど一般電気事業者と新電力では
「電気の供給」にかかるコストが違ってきます。

新電力が、安く電力を供給できるのは当たり前のことなのかもしれませんね。

新電力をお探しなら新電力.com