高知県の新電力

Pocket

高知県の発電所

98箇所 / 1434.1MW

【主な発電所】
本川発電所<揚水>615MW

 

高知県の取り組み

高知県では主に、大手電力会社の中でもっとも安定経営と評される四国電力から送電を受けていますが、近年では燃料コストの高騰によって苦しい経営が続いています。

全国的に大手電力会社の値上げが進み、電力コスト削減に迫られた消費者や企業などは、あらたな送電者として新電力会社への切り替えが注目されています。

特に新電力の導入に積極的な神奈川県では県営施設の9割以上を新電力会社へ切り替えることで、東電の提示した価格より、3億4000万円の削減に成功しました。
高知県でも新電力会社への関心は高まっており、高知県香美市で33メガワット級の太陽光発電所があらたに建設されるなど、新発電所の参入も増えている。

あらたな電力買い取り・小売り業者も多数設立されており、それぞれが新しい電力プランを掲げて競争を激化しています。
消費者にとっては電機業界の発展とともに、電力料金の低下やプランの充実といった恩恵がみこまれています。

 

 

高知県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

・スペクトルパワーデザイン株式会社

・パナソニック株式会社

新電力をお探しなら新電力.com