青森県の新電力

Pocket

青森県の発電所

77箇所 / 2301.0MW

【主な発電所】
東通原子力発電所<原子力>1100MW(運転停止中)

八戸火力発電所<火力>644MW

 

青森県の取り組み

東北電力が運用する東通原子力発電所は約1100MWの発電力を誇り、青森県の総発電量の約半数を占めた。
3.11東日本大震災では定期検査中のため運転をしておらず、大きな影響はなかったが、その後の政府の要請を受け運転を見合わせている。
震災の教訓を踏まえ、津波対策の強化と非常用発電機の増設、大容量化などを進め、再稼働に向けて準備を進めている。
同敷地内では東京電力により2011年着工の原子炉が建造中だが、現在は中断されている。

現在、日本全国で原子力発電が運転停止され、火力発電で穴埋めする形となっているが、政府の金融緩和政策の結果、円安が進み、発電燃料の輸入コスト増大が問題化している。
特に原子力発電への依存度が高い都道府県では、電気料金引き上げに踏み切る電力会社が増えている。

青森県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・株式会社F-Power

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com