茨城県の新電力

Pocket

茨城県の発電所

172箇所 / 12102.9MW

【主な発電所】
鹿島火力発電所<火力>5660MW

常陸那珂火力発電所<火力>2000MW

東海第二発電所<原子力>1100MW(運転停止中)

鹿島共同発電所<火力>1000MW

 

茨城県の取り組み

茨城県は鹿島火力発電所(5660MW)をはじめとする大型の火力発電所が集中している地域です。
東日本大震災後に政府より原発停止要請をうけた各電力会社は、代替エネルギーとして火力発電の増強傾向にあります。しかし近年の円安にともなう燃料費の増幅は、電気料金の引き上げという形となって消費者・消費企業の負担となっています。
特に原発依存度の高かった東北地方では、火力発電への切り替えによるコスト増が問題化しています。

一方で電力自由化政策により、一般企業の電力業界参入も活発化しており、企業競争による電気料金の引き下げやサービスの向上、洗濯の幅が広がると期待されています。
電力発電事業者の増加と共に、電力買い取り・小売り会社の参入も相次いでいます。
20兆円を超える電力業界の32%のシェアを持つ東京電力の基盤地域のひとつである茨城県では、電力自由化への関心が高まっています。

茨城県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・株式会社F-Power

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com