秋田県の新電力

Pocket

秋田県の発電所

113箇所 / 3468.1MW

【主な発電所】
秋田火力発電所<火力>1633MW

能代火力発電所<火力>1200MW

秋田県では東北電力が運用する秋田火力発電所、能代火力発電所による火力発電を中心としたエネルギー構造がとられています。3.11東日本大震災より原子力発電所の運用が停止され、代替施設として火力発電への依存が高まっています。特に東北地方では厳しい冬に高まる暖房需要に備え、発電施設の増強に取り組んでいる。
しかし近年の燃料費の高騰に加え、円安によるコスト増が直撃し、電気料金の引き上げが実施されている。

新電力最大手の商社丸紅は、開催電力との共同出資により秋田県に大型石炭火力発電所の建設を予定しています。さらに秋田市の湾岸工業団地に65万kWの石炭火力を2基建造予定と、2016年の電力完全自由化時の関東地方への進出に向けた新規事業者による活発な動きがみえます。

今後もエネルギーの安定供給のため従来の火力・ガス発電を中心としたエネルギー構造が続くとの見方が強いですが、一方で再生・未利用エネルギーを活用した発電所も増えています。
秋田大館自然電力太陽光発電所ではメガソーラー(大規模太陽光発電所)を運営していますが、降雪時の積雪対策による保守施策によって地域への売電益の還元も行っています。
秋田県は、電力自由化による一般企業の電力業界参入がもっとも活発な地域のひとつでしょう。

秋田県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・株式会社F-Power

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com