福島県の新電力

Pocket

福島県の発電所

185箇所 / 23853.6MW

【主な発電所】
福島第一原子力発電所<原子力>4694MW

広野火力発電所<火力>4400MW

福島第二原子力発電所<原子力>4400MW

原町火力発電所<火力>2000MW

新地発電所<火力>2000MW

勿来発電所<火力(バイオマス)>1875MW

下郷発電所<揚水>1000MW

 

福島県の取り組み

福島県は総発電能力23853.6MWにのぼる、全国でも有数の発電能力を保有しています。
東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故の影響で、全国で原発の運用停止となっていますが、広野火力発電所(4400MW)をはじめとする大規模発電施設が集中しており、以前東北・関東の電力供給の中心地となっています。

また福島県では、再生・未利用エネルギーであるバイオマスを活用した火力発電所(勿来発電所1875MW)や大型の揚水発電施設(下郷発電所1000MW)など、豊富な天然資源を活用した新しい発電施設が多くみられる。

福島県はもともとエネルギー事業への注目が高い地域でることもあり、電力自由化への関心もひときわ高まっています。
県としては、2040年までに100%再生可能エネルギーに切り替えるという目標を掲げており、新しいエネルギービジネスや新電力事業の拡充を推進している。
空港を利用したメガソーラーや飯館村の新しい太陽光発電施設など電力完全自由化を見据えた事業を展開しており、新規電力事業者の参入も活発です。一般家庭や消費企業にとっては、新旧電力会社の競争激化と共に電気料金の低下やサービスの充実化が期待されている。

福島県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

・株式会社F-Power

新電力をお探しなら新電力.com