栃木県の新電力

Pocket

栃木県の発電所

134箇所 / 3184.9MW

【主な発電所】
今市発電所<揚水>1050MW

塩原発電所<揚水>900MW

沼原発電所<揚水>675MW

 

栃木県の取り組み

栃木県を含め北関東の自治体や企業が東京電力による電気料金の引き上げへの対応に迫られている。
県や市は電力供給事業者を特定規模電気事業者PPS)の変更や節電の徹底、自家発電設備の導入などでコスト抑制や安定的な電力確保に動き出しています。
栃木県の県庁本社で年間100万円、教育関連施設で年間3000万円のコスト削減に成功するなど、”従来の電力会社離れ”に拍車をかけるには十分な効果でしょう。

2016年度の一般家庭を含む電力業界完全自由化によって、20兆円規模とされる巨大な市場が開かれます。
新電力発電事業への参入が進むと同時に新電力の買い取り・小売り事業者も新たに創立され、電力切替えサービスの充実も進んでいます。
栃木県では公的施設の新電力事業者への切り替えを進めていますが、需要に対しての供給が追い付いていない状況です。
エネルギービジネス業界は、今後も電力事業者・消費者ともに大きな変動の時期が続くとみられています。

栃木県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・株式会社F-Power

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com