島根県の新電力

Pocket

島根県の発電所

80箇所 / 2665.3MW

【主な発電所】
島根原子力発電所<原子力>1280MW(現在停止中)

三隅発電所<火力>1000MW

 

 

島根県の取り組み

島根県は主に中国電力より送電をうけており、県内では島根原子力発電所(1280MW)や三隅発電所(1000MW)といった大型の発電所を保有しています。

2011年に発生した福島第一原子力発電所事故によって、島根県を含む全国で原発が停止されていました。また、2015年3月には、中国電力が島根原発1号機の廃炉を決定するなど、県内では新しい発電方式への方向転換の動きがみられます。

ひときわ注目なのは、原発停止の影響により大手電力会社が値上げ発表をするなか、これまでにない料金プランを提供している新電力事業者(PPS)です。

関西圏では、兵庫県が警察庁や公立学校などの県営施設を新電力事業者への切り替えを実施し、これまでより約1億2000万円のコスト減に成功したとニュースにとりあげられました。現在、自治体や一部の企業では電力コスト削減策として新電力事業者への乗り換えが進んでいます。2016年にはこれまでの制約がすべて解除され、全国どの地域からでも、ニーズにあった電力プランを選択できるようになるため、電力会社にとっては競争の激化、消費者にとってはサービスの向上が見込まれています。

 

島根県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

・スペクトルパワーデザイン株式会社

・パナソニック株式会社

新電力をお探しなら新電力.com