岐阜県の新電力

Pocket

岐阜県の発電所

137箇所 / 4398.4MW

【主な発電所】
奥美濃発電所<揚水>1500MW

 

岐阜県の取り組み

岐阜県は主に中部電力の運営する発電所から送電をうけていました。
中部電力は液化天然ガス(LNG)と石炭を活用した火力発電を中心とした発電事業を運用しています。
2010年までは総発電量の15%~20%を原子力発電所で生産していましたが、2011年に福島第一原子力発電所事故以降は運転を見合わせています。
原発によって発電されていた電力は、現在LNGの比率を増やすことで補っています。

全国的に大手電力会社が値上げを行う一方で、電力自由化とともに割安な電気料金プランと豊富なサービスを提供する新電力会社(PPS)に注目が集まっています。新電力会社は従来の発電方法に加え、ソーラー発電やバイオマスを活用した火力発電など、再生可能・未利用エネルギーを活用して発電を行っています。既に公共施設や一部の企業では経費削減策として新電力への乗り換えを行っています。

岐阜県でオススメの新電力

・ダイヤモンドパワー株式会社

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・新日鉄住金エンジニアリング株式会社

・株式会社エネット

新電力をお探しなら新電力.com