山梨県の新電力

Pocket

福井県の発電所

119箇所 / 1755.5MW

【主な発電所】
葛野川発電所<揚水>1200MW

早川第一発電所<水力>51.2MW

 

福井県の取り組み

山梨県では地域特性を活用した揚水発電(葛野川発電所1200MW)や水力発電などを中心とした発電をおこなっています。県は2050年ごろまでに県内の電力需要を100%県内産の再生可能エネルギーで賄う、地産地消のエネルギー構造計画を打ち出しています。
電力自由化をきっかけに、大規模なメガソーラー発電所の開発や、再生エネルギーの買い取り・小売り業者(イーレックス株式会社等)が設立するなど、エネルギー市場で大きな動きがみられます。

福島第一原子力発電所事故を発端に、財務状況の悪化した東京電力は、電気料金の値上げに踏み切りました。一方で需要に合わせた規模で電力生産が可能な新電力事業者では、割安な価格と新しいサービスを武器として、企業間でコスト削減策として注目されています。
実際に全国の都道府県庁や公共機関では既に新電力事業者への契約切り替えが進んでおり、年間数百万円~のコスト削減事例がニュースに取り上げられています。

2016年の電力完全自由化によってさらに多数の新電力事業者の参入がみこまれており、さらなる競争の激化やサービスの多様化が進むと期待されています。

山梨県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

・パナソニック株式会社

・日本ロジテック協同組合

新電力をお探しなら新電力.com