富山県の新電力

Pocket

富山県の発電所

117箇所 / 16526MW

【主な発電所】
富山新港火力発電所<火力>1500MW

黒部川第四発電所<水力>335MW

 

富山県の取り組み

富山県は「水力発電王国」と呼ばれるほど水力発電の数・規模・歴史があり、1961年から運転を続けている黒部川第四発電所では年間10億kwに上ります。水力を中心とし、県内で発電する電力量のうち7割以上が再生可能エネルギーの発電所です。

北陸地方は冬に暖房需要が高まることもあり、電気料金が全国でもっとも高い地域です。福島第一原子力発電所の事故をきっかけに、全国で原発の停止が進み、火力発電所への依存度が高まりました。燃料費の増幅の結果北陸電力では電気料金の引き上げが実施され、電力消費者・企業の負担増につながっています。

一方で割安の価格設定で電力を提供する新電力事業者(PPSへの注目が高まり、県庁や公共施設をはじめ、企業間でも電力会社の乗り換えが進んでいます。2016年からの電力完全自由化により電力業界の競争はさらに激しくなりそうです。

新潟県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

・スペクトルパワーデザイン株式会社

・パナソニック株式会社

新電力をお探しなら新電力.com