奈良県の新電力

Pocket

奈良県の発電所

40箇所 / 1814.7MW

【主な発電所】
奥吉野発電所<火力>1206MW

池原発電所<揚水>350MW

 

奈良県の取り組み

福島第一原子力発電所事故をきっかけに、発電コスト増を補う為全国の大手電力会社が値上げに踏み切りました。
2013年春には、奈良県が電力供給を受ける関西電力が電気料金の値上げを実施したのに加え、消費税の8%への増税がかさなり、電気コストの削減が大きな課題となりました。

それまでは省エネ努力や、自家発電による補助的な補填に留まっていましたが、割安な電気料金とニーズにあわせた電力プランを選択できるとして、新電力事業者への注目が高まりました。

関西電力圏では、兵庫県が警察庁や学校といった県営施設の入札方法を見直した結果、新電力会社との契約によって、関西電力と契約した場合と比べ、年間約1億2000万円の削減が可能となりました。

また、電力自由化により全国どの電気会社からでも送電を受けられるようになり、電気プランの最適化に関心があつまっています。

奈良県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・新日鉄住金エンジニアリング株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

新電力をお探しなら新電力.com