埼玉県の新電力

Pocket

埼玉県の発電所

84箇所 / 253.2MW

【主な発電所】
埼玉発電所第一号発電設備<火力(バイオマス)>49.5MW

東埼玉資源環境組合第一工場発電所<火力(バイオマス)>24MW

 

埼玉県の取り組み

埼玉県では主に他県からの電力供給に依存している。従来の電力供給は地域ごとに区分けされており、埼玉県であれば東京電力と契約することで他県に設置された発電所から安定した電力供給を受けられるシステムとなっている。
一方で、区分けされ独占状態になっていた電力業界では、電気料金の引き上げによるコスト増が問題化していました。

2012年の電力自由化はその課題を解消し、全国どの地域からでも自由に電力会社を選択できるようになりました。
埼玉県では2013年に県本庁舎など主要施設の電力購入先を東京電力から新電力(PPS)である「株式会社F-Power」に切り替え、1年間でや500万円以上の削減結果がでています。

さらに県内出先機関もすでに新電力に切り替えており、「脱東電」の動きが強まっています。
新電力の利用は一般企業でも進んでおり、さらに2016年より一般家庭を含めたすべての消費者が新電力の選択が可能となり、それぞれのライフスタイル・消費状況に最適な電力会社・電力プランを契約できます。

埼玉県でオススメの新電力

・株式会社F-Power

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com