千葉県の新電力

Pocket

千葉県の発電所

157箇所 / 21978.5MW

【主な発電所】
富津火力発電所<火力>5040MW

千葉火力発電所<火力>4380MW

姉崎火力発電所<火力>3600MW

袖ヶ浦火力発電所<火力>3600MW

五井火力発電所<火力>1886MW

 

千葉県の取り組み

千葉県は富津火力発電所(5040MW)、千葉火力発電所(4380MW)をはじめとする大規模火力発電所が集中する地域です。電力自由化により、太陽光発電やバイオマス発電といった再生可能・未利用エネルギーの利用が注目されますが、一方で従来の火力発電技術を活用した新電力事業者も多くみられます。

新電力事業者最大手の丸紅は、2016年までに首都圏で5ヵ所の火力発電所を稼働予定であり、電力販売量は170万世帯に上るとみられています。さらにガス火力発電や石炭火力を新設予定であり、2020年には販売量を430万世帯分(150億kw)までの拡大を目指している。

東京電力は年画約2700億kwを販売しており、新電力のシェアはいまだ5%程度であるが、2016年には一般家庭を含めた消費者の完全自由化によって電力業界の競争激化が進むでしょう。
また、中部電力や関西電力なども首都圏への進出を計画しているなど発電事業者・消費者ともに大きな転換期となっています。

千葉県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・株式会社エネット

・株式会社F-Power

・スペクトルパワーデザイン株式会社

新電力をお探しなら新電力.com