兵庫県の新電力

Pocket

兵庫県の発電所

63箇所 / 3396.4MW

【主な発電所】
姫路第二発電所<火力>4119MW

奥多々良木発電所<揚水>1932MW

姫路第一発電所<火力>1507.4MW

 

兵庫県の取り組み

兵庫県ではこれまで、関西電力から電力供給を受ける構造となっていましたが、電力自由化により新電力事業者の参入が増え、消費者・企業はそれぞれのニーズに合わせた最適な電力プランを選択できるようになりました。
福島第一原子力発電所事故以降、発電量の50%以上を原発に依存していた関西電力は、発電コスト増による電気料金の引き上げに踏み切りました。電気料金の引き上げは多くの企業や消費者にとって深刻な問題となり、コスト削減の糸口として新電力に注目が集まるようになりました。

兵庫県は2014年、警察署や県立高校など、239の県施設で使用する電力をこれまでの関西電力から、新電力会社(PPS)への切り替えを決定しました。入札方法の見直しと、新電力会社の参入による競争入札によって、関電から購入した場合とくらべ、年間約1億2000万円の節約となりました。

2016年の一般家庭を含む電気業界の完全自由化にあたり、エネルギー業界は今後もさらに競争が激しくなると予想されています。

兵庫県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・新日鉄住金エンジニアリング株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

新電力をお探しなら新電力.com