佐賀県の新電力

Pocket

佐賀県の発電所

163箇所 / 5405.5MW

【主な発電所】
玄海原子力発電所<原子力>3478MW(運転停止中)

 

佐賀県の取り組み

佐賀県で送電を受ける九州電力は西日本ではもっとも安い電気料金といわれ、原発停止による全国的な電気料金の値上げでも関西電力などと比べると小幅にとどまっていました。

しかし電気料金プランの中でも、オフィスビルなどで利用される「高圧」は安くなっておりますが、中小の企業や店舗向けである「低圧」電力は高価格設定になっています。「低圧」では、電力料金の単価は東電についで全国2位の高さであり、中国電力とくらべると2円/kwh前後も高くなっています。

全国的に電気料金のコスト削減が課題化している中、特に注目されているのが新電力会社(PPS)です。
これまでに、神奈川県では年間約3億4000万円、兵庫県は年間約1億2000万円の削減に成功するなど、自治体を中心として新電力会社の活用が加速しています。

大手ガス会社や製紙会社では自前の発電所を新設し、電力業界へ参入するなど新しい動きもあり、今後電力プランのサービス向上や価格のさらなる値下げが期待されています。

 

 

佐賀県でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・新日鉄住金エンジニアリング株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

新電力をお探しなら新電力.com