京都府の新電力

Pocket

京都府の発電所

63箇所 / 3396.4MW

【主な発電所】
舞鶴発電所<火力(バイオマス)>1800MW

宮津エネルギー研究所<火力>750MW

 

京都府の取り組み

関西電力の2度の値上げによって、「関電離れ」が加速しています。
平成25年春には大口向けで平均17.26%値上げ、平成26年度には13.93%の価格引き上げが行われ、電気料金の高騰が消費者や企業にとって大きな負担となっています。

電気料金のコストカット策として、新電力事業者の活用が企業や官庁で増加しています。
電力供給契約を新電力へ切り替えた大口顧客の件数が、平成25年度には2987県、平成26年度には4263県と増加傾向にあります。

関西圏では兵庫県の県有施設が平成26年度に行った入札では、76%を新電力事業者へ切り替えする結果となりました。
それまで94%あった関電のシェアはわずか24%まで落ち込み、兵庫県は電力会社の変更によって関電から購入するよりも1億2000万円のコスト減となりました。

平成28年度の一般家庭を含む、電力完全自由化とともにさらに「関電離れ」の動きは続くでしょう。

京都府でオススメの新電力

・丸紅株式会社

・イーレックス株式会社

・新日鉄住金エンジニアリング株式会社

・株式会社エネット

・サミットエナジー株式会社

新電力をお探しなら新電力.com