NTTが描く新電力の新しいサービス

Pocket

nttきたる2016年。日本の電力が変わります。
と言って、ピンと来た方は結構情報通ですね。

そう、一般家庭でも電力の小売が自由化されるんです。

電気代、結構かかっていませんか?
特に昨今ではオール電化の家庭も増えてきており、全世帯の10%強がオール電化と言われています。
意外と多いですね。これが2025年になると倍の20%になると予測されているんです。

電力はますます我々の生活にとって必要不可欠な話になりますね。

でも、問題は電気代。
原発が止まってますから、火力発電に比重がかかり、電気代が高くなっています。
2015年に関西電力が実施する電気料金の引き上げは9%前後といわれ、
東日本大震災前の標準的な世帯(夫婦と子供2人)の電気料金が6400円であったのに対し
現在では8800円まで引きあがっています。

一般家庭を含む電力小売りの完全自由化を前に、
企業や自治体ではすでに電力コスト削減に奔走しています。

電気料金削減対策として特に注目されているのが新電力事業者です。
値上げを続けるこれまでの大手電力会社に対して、電気料金の安さを売りに
さまざまな新電力が参入しています。

また電力自由化にともない新しいサービスも生まれています。
一体、新電力業界はどのようなサービスを展開していくのでしょうか?

新電力ビジネスを丸ごと支援??

日本の電気事業といえばNTT。
そんなNTTからユニークな新電力ビジネスが生まれました。

NTTデータでは2015年6月11日に、新電力向けのトータルサポートサービスを展開すると発表。
新電力における

 『コンサルティング』
 『プラットホームの提供』
 『アウトソーシング』

新電力サービスに必要な3つの柱を支援する事業を展開するようです。

電気事業に参入したい、でも、その仕組みが分からない。
これからの電力は必要な分は必要な場所で発電する。
そんなエコでスマートな発電方法が注目されています。

地方活性化を目指し、余った電力を分散させることで、本当に必要な電力を消費することができるんです。
そのためには、新電力ビジネスを知り尽くした企業による、本格的な支援が必須。
今回のNTTの事業は他者との協業により、幅広いサービスが期待できるとされています!

どんなことをしてくれるの?

コンサルティングの分野では、NTTデータ研究所が、電力自由化にむけて、
事業戦略の立案、実行支援、またはシステムの導入まで、総合的……、さらに徹底的にサポート。
電力事業に参入する事業所に向けて、通信やエネルギー分野のノウハウを伝授してくれます。

新電力の普及によって、今後はスマートメーターの普及など、ビジネスはどんどん飛躍していきます。
広がり続けるビジネス領域もサポートし、総合的なサービスの提供と、メニューの拡大を進めていくとしています。

電力小売の全面自由化には、

 『経営戦略』
 『資源調達・開発』
 『需給管理』
 『小売』

これら4つを上手く機能させなければなりません。
NTTデータの支援サービスで安心で計画的な事業を進めることが可能になります。

アプリケーションプラットホームについて教えて!

新電力のシステムの基盤として、2016年4月から、富士機器、協和エクシオと共同で、
顧客料金の管理、需給管理などの連携を高め、新電力の事業を運営していく上で重要な業務メニューを、
展開し、提供してくれます。

新電力の事業に必要な、設備投資のリスクを減らし、コストの削減をはかり、顧客の獲得に必要な
技術や戦略の構築を支援してくれるとしています。

NTTデータの電力業界の実績による、技術の革新、開発・運用。
富士機器の大規模な発電技術実験、または需要予測に関するノウハウ。
協和エクシオの高圧一括充電サービス。通信業界の顧客管理のシステムの構築。

3社の強みを最大限活かしたクラウドサービスを受けることが可能。
新電力業界は事業規模やニーズに合わせたメニュー作りが大切です。
料金体系も需要や、実績に合わせて、柔軟に変化させる必要があります。

そんな中、生まれた今回の支援サービスは、新電力業界へ参入を考えている企業にとっては、
嬉しいサービスなのではないでしょうか?

新電力を通して、新たなステージへ――。

新電力事業を基盤として、新たなビジネスと展開することも可能です。
ベンチャー企業との連携により、社会変化を予測するサービス。
電力以外のインフラ産業への展開も検討し、未来の電力社会を形成していきます。

異業種コラボレーションを通し、あらたなビジネスを展開していきます。
新電力による電力の小売化は、今後も一層様々なサービスを発展していくとされています。
また、今後も自由化が見込まれる『ガス』『水道』というインフラ産業にも適応していくと、NTTデータは語っているのです。

今回は2016年に一般家庭に普及する、電力小売化の自由化における新たなサービスをまとめました。
新電力業界は今後さらに発展していくとされていますし、需要の多い世界です。

既存の会社や新規の会社がお互いに切磋琢磨することで、技術の革新が次々におこなれると、
予想されています。今後も新電力の業界ニュース、新しいサービスには注目していきましょう!

新電力をお探しなら新電力.com