電力自由化EXPO 省エネ・コスト削減が加速

Pocket

電力業界の未来が見えた!電力自由化EXPO

ppsexpo
政府・与党は、このほど大手電力会社が発電部門と送配電部門を切り離す”発送電分離”の時期を2020年4月とすることなどを盛り込んだ伝記事業法の改正案を閣議決定するとともに、都市ガス小売についても2017年をめどに自由化するガス事業法の改正を決定しました。
このタイミングに合わせて、2月下旬に東京で”電力自由化EXPO”が開かれました。

2016年の電力小売自由化まであと1年と迫ったタイミングで集まった国内外の企業関係者の自由化に対する期待は強く、早くも商談などが活発に行われました。
電力自由化EXPOは、東京ビッグサイトで開かれた”スマートエネルギーWEEK”の一部として開催され、同時開催された関連イベントへの出展も含めて主催者発表で1580社が集まりました。
企業ごとの趣向を凝らした展示の他、行政や企業関係者の基調講演なども同時に行われました。

主要プレーヤーの出展・発表に多くの企業が来場!

大きな関心が集まっていたのは、電力小売の自由化で、プレーヤーとして重要な役割を果たすと見込まれる企業の発表で、東京電力や東京ガスなどが参加した基調講演には、会場に入りきれないほど多くの聴衆が集まりました。

来場した人の多くは新電力事業者やこれから電気事業への参入を検討する企業、こうした企業向けに様々なソリューションサービスを提供する企業、需要化として安く効率的に電気を購入したいオフィスや工場、マンションなどの関係者が多かったようです。
各企業のブースでは資料を配布したり、詳しく説明を行ったりするなどして、自社の技術やサービスを積極的にアピールする様子が見られました。

東京電力や東京ガスなど、自由化のキーパーソンの基調講演

注目を集めた基調講演の一つが、東京電力や東京ガスの副社長クラスの幹部が行ったプレゼンテーションでした。 これまでエネチェンジも見てきましたように、東京電力は2016年の電力小売自由化にあわせて火力発電、送配電、小売の各事業を担当する会社を分社化して持ち株会社化するホールディングカンパニー制度を導入することや、燃料の調達から発電までの分野で包括的に他の事業者との包括的な提携を行う”フェル&パワー・カンパニー”の取り組みなどを紹介しました。

一方、東京ガスは、ガス供給と共に電力販売を拡大するビジネスモデルや、自社の持ち分の電源規模を現在の約130万キロワットから2020年に約300万キロワットに拡大する計画などをアピールしました。
この他、NTT ファシリティーズ、東京電力、東京ガスが共同出資して設立した新電力エネットが新電力として市場参入する”見える化”などのビジネスモデルを紹介した他、省エネ管理などを行うエナリスは蓄電池をつかったエネルギーマネジメントのビジネスについても説明しました。

エネチェンジも電力自由化EXPOへ出展

電力自由化EXPOにはエネチェンジも出展しました。
2016年の電力小売の完全自由化の後は、一般家庭の消費者も電力会社を自由に選ぶことができます。
電力自由化が先行している英国では、消費者が従来契約していた電力会社から他の供給会社に乗り換えることを”スイッチング”と呼びます。 日本でも自由化後は様々な電力事業者から多様な料金プランが出されることが予想され、こうした”スイッチング”の動きが活発に起こることが見込まれています。

完全自由化に向けてのエネチェンジの取り組み

エネチェンジはその動きを見越して、1年以上前から準備を進め、システム構築などを続けてきました。
多くの企業が参入することにより、消費者がライフスタイルに応じて多様なプランの中から本当に自分にふさわしい電力事業者を選ぶのは難しくなることも考えられ、いかに円滑にスイッチングを手伝うか、日本初の電気料金の比較診断・情報サイトを運営する企業としてエネチェンジは研究を続けているようです。

電力という巨大市場に向けられる企業の本気度

2016年4月から始まる電力小売の完全自由化で新たに生まれる市場の規模は7.5兆円とされ、電力市場全体の約4割にあたる巨大市場です。
これはスマートフォンの普及が生み出す全体の市場規模に匹敵する規模をも指摘されています。
大きなビジネスチャンスとなるだけに、これまで消費者向けの電力事業と全く関係のなかった、あるいはあっても薄かった企業の関心も急速に高まっています。
また、海外企業からも日本の新しい市場に熱い視線が注がれています。

企業の本気度が見えた!

電力自由化EXPOの会場を包んでいた熱気は、まさに様々な企業の”本気度”を示していたといえます。
来年までの約1年間で、国内外の企業を巻き込んだ様々な動きがどんどん出てくることは明らかで、大企業同士の合従連衡などは大きなビジネスニュースとして今後報じられることになるでしょう。

【第2回電力自由化EXPO】の開催も決定

 会期は2016年3月2日~4日 くしくも電力自由化直前の開催となりました。更に規模を拡大して開催するそうです。

 2016年電力小売り全面自由化を受け、7兆円に急拡大している電力小売市場。本展はそうした新電力をはじめとした電力小売り事業に関連しているあらゆるサービスが東京ビッグサイトに出展されます。
・研究・開発の課題を解決する製品や技術を探している
・国内外の最新技術を一度に比較したい…でも時間がない。
・抱えている課題への具体的なソリューションをすぐに受け取りたい
・見積り依頼や納品までのスケジュールなどを直接打ち合わせできる場がほしい

 そういった声をすべて解決できるのが、電力自由化EXPOなのです。
 電力小売り事業に関連するサービスが出展していて、出展者とその場で商談が可能で、基調講演や専門技術セミナーなども同時開催できてしまうのです。

 新電力に登録している会社は600社を超えています。しかし、そのうちの半分以上が電力サービスが出来ていないのが実情です。電力自由化EXPOで掴む人脈が、意外な突破口につながるかも知れません。

新電力をお探しなら新電力.com