電力自由化の自営業者への影響

Pocket

新電力シェアが急増中

32016年の4月に電力小売の自由化がされることをご存知ですか?
最近、巷を『新電力』という言葉が賑わせているので、知っている方も多いでしょう。

現在、私たち一般家庭は、一般電気事業者から電気を購入しています。
一般電気事業者というのは、東京電力、関西電力などの、1つ地域に1箇所設置されている発電所のことです。

特に近年は原発の可動停止により、電気代が軒並み上がっています。
電気は我々の生活になくてはならないものですから、電気代のUP↑は痛いところです。

でも、そんな上がった電気代を下げることができたらどうでしょう?
今回は電力の自由化が私たち個人や、自営業者に与える影響を見ていきたいと思います。

実は既に始まっている電力の自由化

2000年に大口需要家に対して、電力が自由化されました。
これについで2005年度より、省庁や企業、あるいは学校などでも電力の自由化が進みます。
実は、既に10年以上経っていることなんですね。

そんな大口需要家に対して開かれている電力の自由化ですが、
一体どの程度の電力の削減ができたのでしょうか?

具体的に言われているのは、電気を安価な新電力の事業者に変えることで、
年間1~8%ほどの削減が可能になる!ということです。

2016年には一般家庭でも電力の自由化が始まりますが、同程度の削減が見込めると
予想されています。高い電気代が下がるのであれば、大変魅力的な仕組みなると言えそうです!!

自営業者にはどんな影響を与えるのか?

自営業とは、個人営業主のことです。
つまり、株式会社などの法人を設立せずに、自ら事業を行っている個人のことをいいます。

準じて規模は小さく、小規模の経営を行い、生計を立てています。
私たちと同じように、小口の電力の利用者なので、現在は一般電気事業者から電気を購入しています。
しかし、2016年度からは、その流れが変わり、自営業者も自由に電気を購入することが可能に!!

このような背景は一体どのような影響を生むことになるのでしょうか?
東京に一極集中している日本の経済。
今、私たちに求められているのは、地方の再生と言うことです。

日本全国には数多くの自営業の方がいらっしゃいます。
そのすべてが東京にいるわけではありません。
現在、日本には550万人程度の自営業者がおり、その割合は、全体の就業者数の11.4%です。

自営業の多くは地方で生活を送っており、
第1位は和歌山県、第2位は高知県、第3位は長野県となっています。

つまり、自営業の発展が地方再生の鍵を握っていると言っても過言ではありません!!
新電力による電気の自由化は、そんな地方再生に少なからず影響を与えるのではないでしょうか?

新電力で変わる未来。その予想は?

オール電化の普及率は全体の10%になります。
これが2025年には全体の20%に及ぶことになるそうです。
これからの電気業界はますます電気に依存した生活になると予想できるでしょう。
 
そんな中、自営業を中心とした私たちの役目はどのように変わっていくのでしょうか?
筆者の予想では、新電力は電気代を安価にするという仕組みがありますが、
それだけではない、無限の可能性を秘めていると考えています。

原発の可動停止により、電力不足が叫ばれていますが、
実は、原発による大量発電、大量供給という電力の仕組みを見つめなおす時期が来ているのです。

これからの電気は、使う場所で使うだけの量を生産すると言うことではないでしょうか?
ムダなのないスマートな電力供給。
そして、限りある資源を利用するのではなく、【太陽光】【風力】【バイオマス】といって
天然の資源を利用する賢い発電方法が見直されています!!

このようなエコな資源を使い、地産地消の精神でエネルギーを生み出す。
そんな可能性が、電力の自由化には含まれているのです。

電力の『みえる化』って知っていますか?

自営業や私たち個人の家庭が新電力に切り替えた場合、
多くの場合は電力を削減することができるでしょう。

そして、本当にいる分だけのエネルギーをその土地で作り出すことができるはずです。
事実、スマート化は進んでいます。
電力の『みえる化』という言葉を知っていますか?

これは家庭の電力をスマート化し、PCやスマートフォンなどの電子機器を利用して、
逐一把握できるようにする技術のことです。
基本的にはメーターの変更により、自宅の電力の動きを分析することが可能。

このような取り組みは、未来の私たちの生活にはなくてはならないものではないでしょうか?
自営業も、一般家庭も、自分たちの電力の必要量を知り、
その土地にあった電力を選ぶことで、新しい電力の世界の恩恵を受けることができるのです!!

まとめ

今回は2016年度より始まる、一般家庭に向けた電力の自由化について述べました。
まさに、今電力業界は転換期に来ています。
そして、未来を担うのは私たち一般家庭と個人事業者である小口の需要家でもあるのです。

今回の記事を参考に、是非もう一度電力小売の自由化を見つめなおしましょう。

新電力をお探しなら新電力.com