関東と関西の電圧が違うのはなぜ?

Pocket

新電力による、電力小売化が迫っています

denatu海外に行くと、電化製品のプラグが違いますよね。
量販店へ行くと、プラグの変更を行う器具が売っています。

でも、実は日本でも場所によって、『電圧』が違うって知っていますか?
関東と、関西では、電圧が違うのです。
そんなことを知っている?

更に言えば、なぜ今電圧がとりただされているのでしょうか?
その正体は新電力。
今回は関東と関西の電圧の違い。そして、新電力の秘密に迫ります

大口の需要家の間では既に始まっていますが、電力の自由化が進んでいます。
欧米の諸国の間では、一般的な家庭にまで浸透しています。

新電力というと、『新しい電力』ということを思い浮かべますが、
実は意味合いは違います。
電力というと、一般電気事業者(東京電力・関西電力)などから、供給を受けています。

しかし、その需要と供給の関係を変えるのが新電力です。
一般電気事業者にのみ許されていた、電力供給を、一般の企業でも参加できるようにした仕組み。
それが新電力の事業になります。

2016年度には、私たち一般家庭の間でも自由に好きな場所から電力を購入することが可能に……。

そもそも電圧って何?

冒頭で紹介した、関東と関西と電圧の違い。
果たしてどうしてこんなことになったのでしょうか??

日本では静岡の富士川から新潟県の糸魚川を境に、
東側は50Hz、西側が60Hzと電圧が分かれています。
この理由は、結構歴史が深く、明治時代に遡ります。

電力供給が一般化した明治時代、電力会社は発電機を海外から買っていました。
その際、東日本の地域はドイツから購入し、
西日本の地域はアメリカから発電機を購入していたのです。

この時ドイツ製の発電機は50Hz
アメリカ製の発電機は60Hzと、周波数が違っていました。
これが今でも続いており、関東と関西では電圧が違うという不可思議な現象が未だに存在するのです。

どうして統一しないの?

電気事業の黎明期である明治時代であれば、
発電機の違いによって電圧が違うことは仕方のないことでしたが、今では技術革新が生まれ、
全国の電圧=周波数を統一することは可能です。

しかし、どうして、電圧の統一が行われなかったというと、単純にコスト面の問題になります。
電圧にあわせた製品を作ってきてため、発電機以外の製品の回収、あるいは統一をしなければなりません。
そのため、交換コストがかかり、未だに電圧の統一は行われていません。

とはいっても、ほとんどの電化製品はどの電圧でも使えるように製造されています。
安物の、レンジを初めとする家電製品の中では、電圧が異なると、使えなくなる場合がありますが、
そのような心配はほとんどありません。
ですから、わざわざ電圧を交換するということをしなくても問題がないとされています。

その他にも理由はあります

電力会社=一般電気事業者の間には『融通電力需要契約』という取り決めがあります。
なんだか、わかりにくい言葉ですが、一体どういう意味なのでしょうか?

簡単に解説すると、発電所の事故により、電気供給が行えなくなった場合、
電力会社間で、不足電力を補って停電をしないようにします。
ただし、前述の説明の通り、東西で電圧、周波数が違うため、それを合わせる必要があるのです。

この時利用するのが、周波数を変換し、融通を促す装置です。
これを『周波数変換装置』と呼びますが、静岡県と長野県の2つの地域に、変換施設があります。
変換施設を経由することで、電圧、周波数を合わせて必要なところに配電しているのです。

関西から関東へ、あるいは逆の場合、注意する点はあるの?

移動手段が便利になり、関東から関西へ行くことは、もはや日常茶飯事。
引越す方もいますし、進学、就職を期に、移動する場合もありますね。

その際、供給されている電気の周波数が変わりますので、中には不便を感じることもあるかもしれません。
ただし、現在の電化製品は非常に優秀に作られているので、
周波数が違う関東や関西でも同じ電化製品が使うことが出来ます。

しかし、注意も必要。
安い家電であったり、古い家電は周波数の違いのため、製品が動作不良を起こしたり、
最悪の場合は故障したりすることがあるかもしれません。

なので、引越の前段階で、お持ちの電化製品の確認をすることをオススメ。
取扱説明書や、メーカーのサイトへ行くと、周波数の違いを説明しています。
とはいうものの、現在の家電の多くは周波数の違いに対応しているので、万事OK!
あまり不安になる事はありません。

今回は関東と関西の電圧(周波数)の違いについて説明してきました。
意外と知られていないことですが、電力供給が始まった明治時代に原因があったようです。
東日本はドイツ製の発電機を、西日本はアメリカ製の発電機を利用。

この違いが、現在の周波数の違いを生み出しているのです。
不便を感じることもありますが、現行の製品はどこの地域でも問題なく使えます。
あまり、神経質になる必要はありませんが、その背景を知っておくと便利かもしれませんね☆☆
 
 

新電力をお探しなら新電力.com