新電力EXPO開催!加速する新電力の自由化

Pocket

新電力の会社は、どう選べばいいの? その答えは、『新電力 EXPO』!

ppsexpo2nd来年の4月に一般家庭でも導入が開始される「電力自由化」。そこで今、注目されているのが、新電力と呼ばれる電力小売事業者の存在です。東京電力や、関西電力のような大手電力会社に比べ、人件費や設備投資費を抑えることが出来るため、従来よりも電気代を節約できるというわけです。
 
来春からの「電力自由化」では、私達のような一般市民も電気会社を選択する必要があります。とは言うものの、電力会社ごとの違いなんて、よく分からないし、新電力のこともより詳しく知っておきたいですよね。そこで来年の1月に「新電力 EXPO」というものが開催されます!この新電力 EXPOでは、日本のエネルギー政策に関する展示や、電力システム改革と連動した展示や、新電力の供給から需要までの流れに関する3つの視点に関する視点をテーマにした3展示会が開催されるほか、電力ビジネスの現状や、海外の電力自由化の現状をお伝えするといった内容のセミナーが同時開催される・・・というような内容となっております。
 どのようなものが出展しているのかというと、今年、2015年の第1回 新電力 EXPOのデーターなのですが、
日本を代表する科学技術系の企業のみならず、台湾やドイツといった海外の注目企業も出展した、グローバルな展示会でありました。来年、2016年に開催される第2回 新電力 EXPOの注目出展者はというと、中部電力のような既存の大手電力会社の他にも、ソーラーパネルや、発熱シートの開発を行っている企業、また企業のみならず、スマートハウスの研究を行っている神奈川工科大学による展示など、展示内容は多岐に渡っています。
 

出展者と来場者 それぞれのメリットは?

 今回の「第2回 新電力 EXPO」には、出展者・来場者、それぞれにどのようなメリットがあるのでしょうか?
出展者のメリットからお伝えしていきたいと思います。

1.「電力小売ビジネス」に特化した、エネルギーの需要家と業界関係者の商談が可能!
  2015年に開催された「第1回 新電力 EXPO」で倍増した、電力・ガス、エネルギー事業者のほかにも、多くの需要者の来場が見込まれています。ということは、新電力のマーケットが大きく動いているなかで、より多くのビジネスチャンスが広がることでしょう。
 
2.ENEX2016、Smart Energy Japan 2016 との同時開催で、多様な産業界とのネットワーキングも可能に!
 「省エネについて知りたい!」「エネルギーマネジメントを開発したい!」というような明確な目的を持っている来場者が多いため、ビジネス連携や企業のアライアンスを通じ、新しい電力ビジネスモデル・新サービスの創造、開発の場としても期待できるでしょう。

3.これから直面するエネルギー課題をテーマとした展示会への出展で、ターゲット市場へ直接訴求が出来る!
 前回の出展者からは、「テーマがしっかりしており、マッチングしやすい展示会であった。」「ポテンシャルカスタマーの発掘 機会となった。」「今まで検討していなかった自社製品の応用先が見つかった。」というような多くの声があがっています。
 その他にも、出展者のアンケートより、来場者の8割が、出展者が求める企業・業種であることから、エネルギー業界への高い関心が伺えます。
 以上が、出展者側のメリットといえるでしょう。
 次に、来場者側のメリットについてですが、3・11の福島第1原子力発電所の事故以来、日本全国で叫ばれているわが国のエネルギー政策や、電力システム改革と連動している展示会なので、先ほど挙げた電力自由化への動きはもちろん、これからの日本を支えるエネルギー改革と密接に連動しているので、エネルギーの未来についてより知識を深めることが出来るでしょう。

新電力 EXPOの概要について

  ここで改めて、新電力 EXPOの概要をまとめてみようと思います。
 
名称:第2回 新電力EXPO2016
同時開催:ENEX 2016 第40回 地球環境とエネルギーの調和展
       Smart Energy Japan 2016
日時:2016年1月27日(水)~1月29日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビックサイト(東京都 江東区 有明 3-11-1) 東 1・2ホールおよび会議棟
主催:新電力 EXPO 2016
    一般財団法人 省エネルギーセンター/株式会社 ICS コンベンションデザイン
   ENEN2016
   一般財団法人 省エネルギーセンター
  Smart Energy 2016
株式会社 ICS コンベンションデザイン
展示規模:280社・団体 450小間(予定)となっております。

まとめ

 今回の記事では、来年の1月に開催される「新電力 EXPO」についてご紹介して参りました。冒頭でもご紹介した通り、来年4月には、一般家庭でも電力自由化がスタートします。自分たちで電力会社を選択することが出来るようになるので、しっかりと電力会社ごとの違いを知っておきたいですよね。というわけで、この「新電力 EXPO」に参加することで、少しでも新電力の知識を得て、「一般家庭の電力自由化」に備えていきましょう。
また、出展者側にもメリットがあります。来場者との商談を通じて、新たなビジネスチャンスを広げることができます。
日本全体で「新しい電気のあり方」について、考える必要に迫られている中で、「新電力 EXPO」が開催される意義はとても大きいと思います。今回の「新電力 EXPO」に参加することは、出展者においても、来場者においても、多くのメリットがあるということが分かりました。この記事を読んで、「新電力 EXPO」にご興味を持っていただけたら、幸いです。

新電力をお探しなら新電力.com