新電力買い取り補助制度がなくなったらどうなる?

Pocket

新電力ってどういう仕組みなの?

pps-kaitori皆さん、『新電力』という言葉を知っていますか?
最近、じわじわと世間に浸透してきた言葉ですね。

簡単に言うと、私たちの間に流れる電力。
その供給を先に自由に選べれるようになることを、電力の自由化と言います。
そして、従来の発電会社である一般電気事業者(東京なら東京電力)以外の会社から購入することを、
電力の小売自由化。すなわち、『新電力=特定規模電気事業者』といいます。

2015年の現在、私たち一般家庭は、各地域に設置された電力会社からしか電気を購入できません。
ただし、2016年度より、一般家庭も自由に電気購入をすることができるのです。

冒頭でも説明しました、2016年より日本の電気事業は変わります。
今まで、一般電気事業者からしか購入することができなかった電気が自由に買えるようになるのです。
そのため、従来よりも安価な値段で電力供給をすることが可能!

一般的には10%ほどの電力の削減ができるようです。
特に、昨今はオール電化の浸透により、電気が占める割合は増えています。
2015年現在、全家庭の10%前後がオール電化。

新電力が抱える役目は非常に大きなものになります。
すぐにでも新電力に切り替えたいものですね。

新電力の買い取りってどういうこと?

とはいうものの、今まで一般電気事業者による独占が続いていた電力業界。
急に素人の電力事業者が参入したところで、キチンと電力供給できるかが不安ですね。

もちろん、そのための対策をとっています。
そうしなければ、新電力と一般電気事業者の間には勝負にならない大きな壁が生まれることになるのです。
具体的には、電力の買い取りということが巻き起こります。

これは発電した電力を、新電力の事業者に買い取ってもらうという制度です。
実は、この制度は、買い取り価格の大半に助成金が支払われる仕組みとなっています。
つまり、電気を買うことで補助金を受けることができるので、
対等に一般電気事業者と勝負できるようになるのです。

買い取り補助制度の仕組みとは?

新電力の事業者は増えており、現在では700社を超える事業所が業務を展開しています。
その背景には、この電力買い取り補助制度が関わっています。

つまり、電力を生み出し、それを補助金コミで買い取ってもらう、それによって利益を得るという
ビジネスモデルが出来上がり、その恩恵に預ろうと、多くの事業者が電力業界に参入してきたのです。
 
一般的に利用者は1kwあたり15円~20円で電力を利用しています。
すなわち、仮に固定価格が42円のエネルギーを生み出し、それを売るとすると、
40円で購入し、15円~20円で売ることになります。

こうなると、25円のマイナスになりますよね。
それが国からの助成金により賄われるので、利益が出せる計算になるのです。
差額分を固定価格買い取り制度で、国が交付金として、還元する仕組み。

実際には、新電力の事業者がふたんするコストは低くてすむようになるのです。

オススメの発電は太陽光

太陽光を利用し、発電しそれを売電する場合、固定価格買い取り制度が用いられます。
この制度は、再生エネルギーを利用した発電の促進を目的としています。

3.11の大地震により、原発による発電の是非が問われています。
そんな中、原発に頼らない発電方法として、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電。
これらの発電方法が注目されています。

再生エネルギーを生み出すことによって、国からの補助金を受け、事業を展開する。
このような仕組みが実行され、再生エネルギーに注目が集まっているのです。
そもそも、従来の一般電気事業者の展開する売電方法は、大量発電、大量供給。
非常にムダが多い発電方法なのです。

これからのエコな社会に向けて、新電力による電力事業は必要な場所に、必要な電力を作り出す。
このようなか考え方が重要になってくるのではないでしょうか??
よって、わが国が展開する、電力の買い取り補助制度は非常に有効な取り組みだと思われます。

仮に買い取り補助制度がなくなったら

政府による買い取り補助制度がなくなった場合、
どうしても再生可能エネルギーは火力発電、原子力発電による発電に敵いません。
よって、エコではあるのですが、高価な発電方法になるでしょう。

助成金があるからこそ、維持できる制度なのです。
こうならないためにも、新電力の本来のあり方を再確認する必要があります。
つまり、新電力による電力売電であっても対等に勝負できる土壌作りが大切ということです。

国と新電力による発電方式を一般化させ、エコな発電方法を確立する。
その取り組みが重要とされ、これからの電力社会をつくっていくことが求められています。

今回は新電力による電力の買い取り補助制度について徹底解剖。
その仕組みについて迫りました。
国と新電力が一体化して、私たちの未来の電力事業を展開していきます。

今、電力業界は転換期に立たされています。
私たちも他人事とは思わずに、関心を持ち、有効に電力を使いましょう☆☆

 

新電力をお探しなら新電力.com