エコで安い!次世代火力発電ーバイオマス発電とは

Pocket

baiomas東日本大震災の原発事故あるいは近年の地球温暖化対策として「環境にやさしい」エネルギーというものがクローズアップされています。そこで注目されている発電方法のひとつに「バイオマス発電」というシステムがあります。

そもそも「バイオマス」とは、英語で「生物由来の資源」という意味で「枯渇しない」、「生物由来なので地球環境への影響がない」という特徴をもった資源の事です。具体的には廃材や、下水処理の際に出る汚泥、家畜の糞尿、食物の残り等、今までは「ゴミ」として取り扱われていたこれらを用いてエネルギーに変えようとするメカニズムが「バイオマス発電」と呼ばれているものです。資源調達の際にの元手がほとんどかからないというのも特徴です。

バイオマス発電の仕組み

バイオマス発電による発電方法は、基本的には火力発電と同じ原理で熱でタービン発電機を稼動させて電気を産み出すというものです。

火力発電と違うのは前項で触れた環境に優しい「バイオマス」資源を使う点です。具体的にはバイオマス資源から取り出したエタノールやメタンガスなどを燃やして発電するというやり方です。環境への負荷も少なく優しい発電方法になっています。

もちろん、バイオマス発電においても発電時に二酸化炭素を放出します。しかし、その量は植物が光合成を行う際に取り込んだ分の二酸化炭素しか放出しないと言われています。

その為、火力発電のように人為的に空気中の二酸化炭素の量を増やしてしまうという心配がありません。全て地球上の新陳代謝の範囲内で収まるというのがバイオマス発電の特徴なのです。

次世代発電システムでもっとも注目

クリーンエネルギーや新電力など新しい発電方法として、太陽光発電や風力発電などを中心に取り上げられがちですが、発電会社間ではバイオマス発電がもっとも有力視されています。というのも、電力は原則“作り置き”ができないモノであり、作りすぎた電力は無駄になってしまうため、調整用の発電所が必要となるのです。

太陽光発電や風力発電の場合、発電能力が天候に左右されてしまうため、この調整をすることができないのです。しかし、火力発電であれば、燃料の量を調整することで自由に発電量をコントロールすることができるのです。

現在新電力の中で最大手とみられるエネットは、NTTファシリティーズ、東京ガス、大阪ガスなどの出資により設立されたこともあり、マルチリソースでの発電を展開しています。メガソーラーや風力発電などクリーンエネルギーを活用するとともに、親会社の持つノウハウを活用した火力発電所をもつことで安定供給を実現しています。

バイオマス発電の今後

現在日本の総発電量におけるバイオマス発電の割合はわずか数%程度だと言われています。それはバイオマス発電の発電設備の多くが小規模なものが多い事が挙げられます。また、太陽光など他の再生可能エネルギーと比べると発電のコストの面で不利で、安い電気の供給が出来ないのです。

このようにまだバイオマス発電に関する技術が発展途上である部分も否めず、発電所の大型化やコスト面の改善など課題が多くあるのも実情です。

しかし、同じ再生可能エネルギーの太陽光発電や風力発電のように地理的・気候的な部分に左右されない面はセールスポイントと言え、さらに今までゴミ扱いされていたモノが「貴重な資源」になるというコペルニクス的転回ともいえる発想はバイオマス発電ならではの強みと言えるはずです。

今後、バイオマス発電の総発電量における割合は増加傾向にあると言われており、21世紀のクリーンエネルギーの一翼を担うものとして期待されています。

新電力をお探しなら新電力.com