電力自由化のメリット・デメリット

Pocket

そもそも新電力って何なの?

ene01
最近よく聞く言葉。それが『新電力』
ニュースをはじめ、TV、ネット、雑誌などを中心に伝えられています。
現在、私たち一般家庭の電気はどこからやってきているか知っていますか?

東京近郊に住む方なら東京電力から電気の供給を受けます。
これが関西ならば、関西電力。
東北であれば、東北電力。

各地域に建つ○○電力が、私たちに電気を供給しているのです。
この電力会社を一般電気事業所と呼んでいます。

従来、一般電気事業者の独占状態であった、電力の供給システムを誰でもできるようにしたのが、
新電力の事業者の取り組みです。
これを、特定規模電気事業者と呼び、通称:新電力事業者と呼んでいるのです。

つまり、一般電気事業者に変わり、新しく電力を供給してくれる企業ということになります。

新電力に切り替えるとどんなことになるの?

実はいうと、既に新電力事業者からの電力供給は始まっています。
2005年、大口の需要家(工場・企業・学校など)に対して、電力供給を行っているのです。

欧米の諸国でも、一般家庭に新電力事業者が参入し、電力の小売化を成功させています。
日本でも2016年4月から一般家庭に対する、電力の自由化が始まろうとしているのです。
つまり、今ちょうど転換期にいるということですね。

2016年といえば、もう1年を切っていますから、色々な情報が出るのは当たり前。
これが巷を席巻している『新電力』という言葉の正体です!!

新電力に切り替えるメリットってどんなもの?

基本的に1社独占状態の環境というものは、サービスという面からみて劣っています。
競争相手がいないので、新しいサービスや技術革新をする必要がないからです。
私たちは、普段何気なく、電気を使っていますが、何十年も同じ電気を使っているでしょう?

多少の値上がりはあるものの、値下がりと言うことは経験がありません。
そんな環境を変えるために、新規の事業者を参入させることで、
摩擦を生み、競争をさせることで、よりサービスがよく、安全で、安心の電気を安価に届ける。

それが新電力の目的です。
さて、そんな新電力ですが、どんなメリットがあるのでしょうか??

(1)電気代が安くなる

使い方によって議論はありますが、基本的に新電力に切り替えることで、電気代は下がります。
現在、自由化が始まっている工場・学校・企業などでは、
1~8%ほどの電力の削減に成功している模様。
場合によっては年間で数千万円の電力を削減できたという素晴らしい事例もあるのです。

(2)エコな社会に貢献できる

新電力の発電方法は実に多岐に渡っています。
一般電気事業者の発電方法は原子力、火力が中心であり、枯渇燃料を使う場合もありました。
原子力は扱いが危険ですし、火力発電は枯渇燃料です。いつまでもあるものではありません。
しかし、新電力なら、話題のバイオマス、太陽光、風力。
CO2を排出しないクリーンなエネルギーを使うことが可能になります!!

(3)地域の活性化に繋がる

原発に頼った大量発電、大量供給という仕組みはもはや崩壊寸前。
これからの電気の未来は、必要な分を必要なだけ取り入れようということです。
つまり、自分の地域で必要な電力は、自分の地域で作り出し、消費しようという考え方。
こうすることで、地方の活性にもつながり、エコな社会を創出することが可能に

いいことばかりではない。新電力のデメリットって何?

新電力による電力小売の自由化はメリットが多く、悪い部分はあまりありません。
但し、抱える問題もあります。

(1)供給対象エリア意外には使えない
現在、新電力における電力供給は主に、関東、関西が中心であり、
地方都市の場合、対象エリア外という状況が続いています。
但し、いずれは全国規模に広がる可能性がありますので、一概にデメリットとは言えないでしょう。

(2)特定規模電気事業者には倒産の可能性がある
電力供給を行う企業は一般の企業なので、倒産の可能性があります。
とはいっても、送電線は従来の一般電気事業者のものを使いますし、
電気が使えないということはありません。
一般電気事業者には万が一に備え、電力供給をする義務があるからです。

(3)新電力へ切り替えるためにはある程度時間がかかる
2016年にはじまる一般家庭の場合、どのくらいの期間が目安でしょうか?
具体的には切り替えまで2~3ヶ月ほどかかるとされています。

新電力をお探しなら新電力.com