新電力とは

Pocket

新電力(PPS)とは一般電気事業者(北海道電力~沖縄電力の10電力)以外で電力の供給を行う特定規模電気事業者PPS:Power Producer and Supplier)のことを指す呼称です。

つまり、平たく言えば○○電力以外の電力会社ということです。
従来は、地域ごとに国から電力の供給を許可された電力会社「一般電気事業者」が

電力の独占供給を行っていましたが、2000年4月の電力自由化により我々は新たに参入した電力会社から電気を購入することができるようになったのです。

当初は、電力自由化の範囲は一部の大口需要家のみでしたが、徐々に規制が緩和され
2016年には「一般家庭」でも電力の供給先を選ぶことができるようになります。

つまり2016年には、電力が「全面自由化」されるということです。

電力が「全面自由化」されるとどうなるか

私たちはいままで、国家の敷いた「発送電一貫体制」のもと

各地域に対応する一般電気事業者(○○電力)から電気を購入していました。
つまり、電力の供給元が「○○電力」に限定されていたということになります。

それが「電力自由化」によって、
「○○電力」以外の電気事業者(=新電力)より電力を購入できる

つまり、電力の供給元を選べるようになったということです。

電力の供給元を選べるということは何が起こるかというと
現在の携帯電話キャリアのように「競争」が起こるのです。

「価格」で競争する企業もあれば「環境・エコ」で競争する企業もあり

はたまた「サービス」で競争をする企業も出てくるということです。

現在、新電力は2015年3月時点で登録事業者数は577社にまで登っていますから
その新電力が私たちに対してさまざまな提案をしてくるということでもあります。

その提案に対して、私たちは自身にとってどの新電力が最適なのかを検討しなければなりません。
このサイトでは、新電力についての知見を深めて新電力を検討するみなさんに最適な新電力を探してもらうことができますので
これを機会に、素敵な新電力との出会いを是非体験していただければと思います。

新電力をお探しなら新電力.com